ラフティングならリバーアドベンチャークラブ。「四国吉野川ラフティング」日本一の激流を体感。「京都保津川ラフティング」関西で手軽に激流体験

フォントサイズ変更

「ラフティングなどの安全への取り組み」

その笑顔のために大切なことがある

私達はお客様に最高のエンターテイメントをご提供出来るよう、日々努力しています。
訪れる方には常に笑顔であって欲しい。安全性と信頼性はリバーアドベンチャークラブの誓いであり、願いです。

ガイドのトレーニング

ラフティング・リバーガイド、カヌー・インストラクターを目指すスタッフは、まず自社の研修プログラムに参加します。基礎知識から基本操船技術、不測の事態に備え、レスキュートレーニングや救急蘇生法など様々な基本となる知識・技術を学びます。更にRAJラフティング協会認定資格の取得、河川毎のトレーニングを終了した後にツアーガイドとして活動します。
既存ガイドは冬のオフシーズンから定期的に、ミーティング・レスキュー座学、実技レスキュートレーニングなどの勉強会を実施。春の訪れを前に操船技術のトレーニングを始め、トップシーズンまでに、体力作りと技術向上に努めています。

保津川ラフティングガイドアップ他スキルチェックシート

MFA(メディックファーストエイド)

救急医療の先進国「アメリカ」で誕生した救急蘇生法の訓練プログラムがあります。アウトドア業界ではスタンダードとなったこの訓練プログラムをリバーアドベンチャークラブも導入、インストラクターを常時配置させ定期的に講習を開催し、スタッフはMFA(メディックファーストエイド)の資格を取得しています。
MFAは、ILCOR(国際蘇生法連絡協議会)やAHA(アメリカ心臓協会)の国際的なガイドラインに加え日本国内では、社団法人日本救急医療財団が発行する「救急蘇生法の指針」に基づき、独自のプラグラムによって体系的に講習が行われます。講習時間は平均8時間で、万が一に備えて真剣に応急手当と蘇生法を学びます。ただ、この学んだ知識が使われるということは、深刻な事故が起こったことを意味しています。そのような事故がまず起きないように、スタッフ一同が心にかたく誓うところです。

規定の遵守

リバーアドベンチャークラブは、営利の垣根を越えてパドリングスポーツの今を、未来を考えて組織された、RAJラフティング協会や、JRCA日本レクリエーショナルカヌー協会、JSCA日本セーフティカヌーイング協会に加盟し、それぞれ定められた規定を遵守。より安心できるイベント催行をするように常に心掛けています。

・安全基準や運行規定、装備に基準を規定。
・ガイドや団体責任者の研修を毎年実施。
・賠償責任保険、傷害保険に加入義務。
・救急法・運行規定、保険制度などを備えておく危機管理体制を持つこと。
・指導活動での一定額の保険加入義務。