ラフティングならリバーアドベンチャークラブ。「四国吉野川ラフティング」日本一の激流を体感。「京都保津川ラフティング」関西で手軽に激流体験

フォントサイズ変更
ラフティングって何?

もともとはraft(筏・いかだ)から派生した言葉で、ゴムボートで急流を下ることと考えてください。
ラフティングツアーに使うゴムボートは定員8名(内1名がリバーガイド、参加者定員は7名)の急流に適した大型ゴムボートです。

ゴムボートに同乗するツアー参加者の皆が力を合わせて急流を漕ぎ下って行くラフティングは
他に類を見ない最高にエキサイティングなスポーツです。

準備するものは?

水着(競泳用のスパッツみたいな半パンでもOK)と濡れても良い靴(サンダルは不可。つま先が隠れ、かかとのしっかりした靴。岩場など歩く時の怪我防止の為)は必需品です。春季・秋季などは気温・水温の低下がある為、化繊のTシャツ、トレーナー(フリースのジャケット、ジャージなど)綿製品は避けて下さい。体温が奪われ途中でリタイヤという事になりかねません。

夏季は気温水温とも暖かく、ラフな服装でラフティングにご参加いただけます。ラッシュガード・化繊のTシャツ・短パンなどご持参下さい。(綿製品は不可)ただし、四国吉野川は水温が夏季でもやや低く、瀬田川リバーブギは常時水中に浸かっている為、夏季もウエットスーツの着用となります。

メガネやコンタクトは付けられますか?

激流の中で落水した場合どちらも必ず流されてしまいます。メガネの方はメガネバンド、コンタクトの方はゴーグルをご持参下さい。
メガネバンドとゴーグルは当日現地で販売も致しております。

初めてでも大丈夫ですか?

全く初めての方でも手軽にラフティングを楽しんで頂けるよう、
リバーアドベンチャークラブのリバーガイドがしっかりサポート致しますのでご安心ください。

何歳からできますか?

四国吉野川ラフティングツアーは中学生以上、京都保津川ラフティングツアーは小学3年生から参加できます。
ただし、どちらも健康な方であることと、保護者の同伴が必要です。

泳げなくても参加できますか?

大丈夫です。泳げない方でも安心して参加頂けるように、RAJラフティング協会が定めた厳格な規定に沿って装備と体制を調えております。ラフティングツアーの基本装備としてヘルメット・ライフジャケット(浮力補助ベスト)等を用意させて頂いております。もしボートがひっくり返ったり、不用意に落水してしまったとしても、ライフジャケットの浮力により体が沈む事はございません。ヘルメットにも浮力があり、いち早く頭が水面にでる手助けをしてくれます。

ラフティングツアーコースの要所要所、特に激しい流れがある場所ではバックアップスタッフが岩陰などにスタンバイしていて、万が一の時に備えています。さらに、乗艇の際には安全をより徹底するために、リバーガイドが落水時の対処法をレクチャーさせて頂いております。

1人でも参加できますか?

はい。大丈夫です。リバーアドベンチャークラブでは1名様のお申込みから歓迎致します!
各ツアーで最少催行人数は設定させて頂いておりますが、シーズンに関わらず、まずはお気軽にお問い合わせください。

当日 雨がふったら?

ラフティングはは濡れるスポーツですので、イベント当日、雨天でも関係なく行ないます。
しかし、天気予報で使用河川の地域での警報、増水等、安全遂行上やむを得ず中止となる場合があります。御了承ください。

※当日不明な場合は午前7時までに090-8657-5590へご連絡下さい。
※お客様判断による参加中止はキャンセル扱いとなりますので、必ずお電話などでご確認ください。

保険はついていますか?

リバーアドベンチャークラブのイベントは参加者全員に賠償責任保険、傷害保険がかかっています。
万が一、起きてしまったイベント中の事故につきましては、こちらの保険額を限度にご対応させて頂きます。

【保険内容】
傷害…死亡:500万円、入院日額3000円、通院日額2000円

濡れますか?

ラフティングは必ず水に濡れます。水着(女性の方はセパレートタイプがお手洗いの際便利)や、
ラッシュガードなど化学繊維で出来たウエアなど、濡れても大丈夫な状態でご参加ください。

シューズはレンタルできますか?

はい、大丈夫です。ラフティングのレンタルシューズ代は300円となっています。当日現地でお支払い下さい。

参加当日、遅刻の場合はどうなりますか?

遅刻は他のお客様のスケジュールに影響が出るため当日キャンセルの扱いとなります。ご注意ください。
土日は特に交通渋滞が予想されますので、時間に余裕をもってお出かけください。